OPPO RENOAのバッテリー表示は?

OPPO RENOAのデフォルト設定では、バッテリー表示が何%と具体的な数字は表示されないようになっています。バッテリーの残量がアイコンで分かるのですが、具体的にあと何%残っているのかというのが確認できません。そこで、「設定」から「通知とステータスバー」のアイコンを開き、バッテリー残量をONにすることでバッテリー残量が一目でわかるようになります。この設定をしておくのとしておかないのでは、一日の使い方が変わってくる方もいるかもしれません。急な用事ですぐに帰宅できなくなってしまった、という時にもバッテリー残量が分かると使い方をセーブしたり、バッテリーが減るゲームを控えたり、と使い方を工夫することが出来るからです。このようにOPPORENOAを購入したいと考えている皆さん、これから購入予定の方も是非参考にしてみてください。最初は慣れない画面に戸惑うこともあるかもしれませんが、設定し直せば大丈夫なので安心してくださいね。https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-charge/

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
29 5月

OPPO A5 2020のバッテリー機能が凄い!

OPPO A5 2020は、なんと5000mAhという大容量バッテリーを搭載したスマートフォンです。これだけのバッテリーを搭載していれば、毎日こまめに充電する必要はありません。HD動画なら、最大11時間以上連続してみることもできます。またお手持ちのデバイスに、充電できるリバース充電機能も搭載しているので、万が一家族や友人のバッテリーが切れてしまった時も安心です。ただし、リバース充電機能を使うためには、別売りとなっているOTGケーブルが必要になるので必要な方は、早めに購入しておきましょう。外出する機会が多い方、出張や旅行などでどうしても小まめにバッテリーを充電する時間がないという方におすすめです。また拡張スロットを使えば、最大256GBまで拡張できます。動画を保存したり、写真やダウンロードしたファイルを保存しておきたい、という時に非常に便利です。ただしmicroSDカードは、別売りとなっているので必要な方は本体と一緒に購入してくださいね。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
11 1月

arrows RXなら自撮り機能も楽しめる!

スマホを使えるようになったらカメラで撮影するのが楽しみ、という方も多いと思います。食べたものや思い出をカメラに収めることができれば、より楽しくなると思います。カメラ機能も充実したarrows RXなら、撮影がもっと楽しくなると思います。通常の撮影はもちろん、背景をぼかしておしゃれな写真を撮ることが出来るポートレートモード搭載なので、SNSをよく利用される方には嬉しい機能ですね。また、自撮り機能もかなり充実しています。自分の写真を撮ってSNSにアップしたり、サイトなどで自己紹介をする時など綺麗に撮った写真を送りたい、という場合もあると思います。そんな時にRXのカメラなら、自動で肌を調整してくれる美肌修正機能が備わっているので簡単に綺麗に撮ることができます。撮った写真をその場ですぐに修正してくれるので、SNSへのアップはもちろん、送りたいと思った時にすぐに送れる点も魅力です。是非、この機会に自撮り機能を使ってみてはいかがでしょうか。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
4 1月

Zenfone6ならバッテリーも長持ち!

Zenfone6のバッテリーは、なんと5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているということで、相当長持ちします。そんなにはちゃめちゃな使い方をしなければ、一日使っても残量は60%くらいです。5000mAhって想像できない、という方も多いと思います。実際に使ってみると、YouTube動画を4時間続けて視聴した場合は、26%しか減っていませんでした。更にゲームの中でも相当重たい部類に入る、PUBGで1時間2試合プレイした場合でもわずか12%しか減りませんでした。これなら、普通に仕事をしていて、休憩時間に少しだけ使いたいという方ならほとんど減らないかもしれません。バッテリーがしっかり持つもの、重たいゲームをしてもいちいち充電しなくても済むものが欲しい、という方は是非検討してみてください。普段からゲームをされる方は、このくらいのバッテリーがあれば一日では使いきれないので十分すぎるかもしれません。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
1 1月

Xperia5とXperia1の違いはサイズ感!

最新のXperia5のサイズ感が気になる!という方も多いでしょう。前モデルXperia1と比較すると、Xperia1は72×167×8.2mmなのですが、Xperia5は68×158×8.2mmとなっており幅でいうと約4ミリ、高さが9ミリほど小さくコンパクトになっています。Xperia1は、画面が大きく動画やゲームも大画面で楽しめるというメリットがありますが、今回発売されるXperia5はよりコンパクトなサイズになっているので、片手で操作しやすくなる点と重さが178gから164gにダウンしたことにより、より携帯しやすくなっています。大きい画面は一度に表示される情報量が多くなるというメリットもありますが、毎日持ち歩く・携帯するという点では、少し大きいかなと感じる方も多いかもしれません。そこまでスペックは求めず、コンパクトさ、持ちやすさを重視したいという方にコンパクトなXperia5はおすすめです。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
31 12月

Galaxy Foldをどうしても購入したい方へ!

本体価格24万円という高額でもどうしても「galaxyFOLD」を購入したいという方も多いと思います。分割審査に落ちることもあるので、例えばauには一括購入という形をとり、クレジット会社には利息付の分割払いをするという方法もあります。どうしても購入したい方は、こういった買い方もあるので一度参考にしてみてください。ただし、どの会社でもこういう購入の仕方ができるか分からないので事前に確認しておくといいですね。また、分割審査に通ったとしても月々の支払は2年契約でも1万円はかかります。月々の支払い金額に問題がないかという点も良く考えながら購入する必要があります。また防水防塵機能なし、おサイフケータイなどの機能も搭載していないので、普段からスマホで決算される方には向いていません。ワンセグやフルセグにも非対応なので、そういった点も踏まえてよく検討されることをお勧めします。是非、じっくり考えてみてくださいね。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
29 12月

Xperia8は音もキレイ!

ソニーが開発したXperia8は、3.5mmのオーディオジャックを搭載しています。そのため、手持ちの有線ヘッドフォンを繋げることでそのまま音楽を楽しむことができます。普段から音楽を聴くことが多い方、スマホで音楽を楽しみたい方、通勤などの移動中に音楽を楽しみたい方は、別売りのハイレゾ対応ヘッドフォンを使えば高品質な音源を思う存分楽しむことができます。またスマホの音源だけでなく、CDやMP3などの圧縮した音源をハイレゾ相当の高音質に変換してくれる、DSEEHX機能も搭載しています。CDやMP3にお気に入りの音楽が入っているけど、スマホで聞けなくてお困りの方もこれなら十分に楽しむことが出来ますね。ただし、ハイレゾ対応のヘッドフォンはXperia8本体とは別売りになっているので、注意しましょう。こうした機能を楽しみたい方は、本体と一緒に購入を検討してみてはいかがでしょうか。是非、予約も始まっているので今から考えてみましょう。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
28 12月

おてがるスマホ01は画面が割れにくい!

スマホを使っていると、どうしてもモノを落としてしまったり、画面を傷つけてしまわないか不安になる方も多いと思います。そんな方にこそ、「おてがるスマホ01」をお勧めしたいです。こちらのスマートフォンには、異物が当たった時に衝撃を吸収してくれるハイブリッドシールドという画面が割れにくい液晶ディスプレイ構造になっています。スマホ本体は、液晶ディスプレイでできていますが、その上に強化ガラスとアクリルスクリーンを搭載したことで、異物が当たっても画面が割れにくいといった特性があります。割れにくく傷がつきにくい強化ガラスの上に、耐擦性の高いコーティングを施したアクリルスクリーンを張り付けているので、少しくらい何か異物が当たってもすぐに割れるということはありません。強化ガラスのみの場合よりも、衝撃を吸収してくれるのでより割れにくくなっています。また雨や埃、風にも強いので使う場所を選ばずに使える点も魅力です。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
27 12月

pixel3も3aも認証機能は指紋認証のみ!

pixel3aだけでなく、pixel3も認証機能は「指紋認証」のみとなっています。最近話題になっている、顔認証や虹彩認証には対応していません。これはpixel3、pixel3aだけでなくpixelシリーズ全部に言えることです。理由としては、Googleがあくまでも使う人の身になって商品を開発しているからと言えますね。例えば、顔認証や虹彩認証は信頼性はあまり高くないこと、認証スピードにおいても指紋スピードの方がはるかに早く信頼度も高いからです。もし、どうしても顔認証や虹彩認証がついていないと嫌、という方はpixelシリーズは避けましょう。セキュリティーにこだわりがある方も、pixelシリーズを選ぶ時は「指紋認証」のみ搭載という点を忘れずに検討してみてください。指紋認証のみというのは、Googleならではのこだわりやデザインと言えるので、他メーカーのスマホとも比較しながら検討してみてはいかがでしょうか?

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
25 12月

OPPO Reno 10X ZoomのAIモードが優秀!

新しいスマホに変えるなら、AI機能が搭載されたものがいい、カメラ機能を楽しみたいという方におすすめなのがOPPOから発売された最新スマホ「 Reno 10X Zoom」です。被写体にカメラを向けることで、AIが自動でどんな被写体なのか判別してくれる機能が搭載されています。試しに、緑の鉢植えにカメラを向けてみました。すると、AIが「緑の植物」と自動で判断してくれました。さすがです。もし、カメラを向けてもAIが自動で判断してくれない場合は、カメラの設定の中のAIシーンがオフになっている可能性があります。AI認識シーンをオンにしておくことで、カメラを向けた時に自動で色あいを調整して、被写体に合わせた綺麗な撮影をしてくれるのでおすすめです。子猫や子犬にカメラを向けると、毛一本一本も綺麗に撮影してくれるのでペットの写真を撮りたい方にもおすすめです。ただし、顔だけ認識して胴体のピンとが合わないこともあるのでカメラの向け方は少し工夫が必要です。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
24 12月