“ソフトバンクが夏モデル発表。Xperia 1・Pixel 3a・AQUOS R3など9機種 “

ソフトバンクが2019年夏モデルを発表しました。スマートフォンやタブレット、モバイルルータなど計9モデルを5月17日以降順次発売します。ソニー Xperia 1 (6月中旬以降発売)アスペクト比21:9の超縦長有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン。シャープ AQUOS R3(5月下旬以降発売)。最大表示可能色数が10億色という「Pro IGZOディスプレイ」を搭載。富士通 arrows U(6月下旬以降発売)。富士通製の高コスパスマートフォン。Google Pixel 3a / 3a XL(5月17日発売)。Google Pixelシリーズ初となるミドルレンジスマートフォンです。LG K50(7月上旬以降発売)6.26インチの大画面ディスプレイを搭載。Lenovo TAB5。シャープ かんたん携帯 10(6月中旬以降発売)。ZTE Pocket WiFi 802ZT(7月下旬発売)詳しくはこちら

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
9 6月

指紋認証や顔認証にも対応!AQUOS sense2!

セキュリティー面が気になる方も多いと思いますが、AQUOSsense2は「指紋認証」や「顔認証」といった最新技術も搭載しています。画面ロック解除の方法としてPINやパターンがあるのはもちろんですが、こうした機能がついているのでスマホ本体を持ち上げてディスプレイを見ただけでロックを解除することができます。また指紋認証は、ディスプレイの下にある指紋センサーで行うことができます。スマホを手に持った時に、不自然に指を伸ばさずに済む場所にあるのでとても便利です。画面ロックだけでは心配な方、顔認証や指紋認証に対応したスマホをお探しの方におすすめです。ちなみにホーム画面にある指紋センサーは、設定次第でホームボタンの代わりにすることも可能です。ワンタッチでホーム、右スライドをすると「戻る」、そして左スライドで検索した「履歴」を表示するナビキーとして利用できます。またナビゲーションバーは、非表示にもできるので表示領域を広々と使えてとても便利です。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
31 5月

Samsung、アウトカメラがスライド・回転してインカメラにもなる「Galaxy A80」

韓国Samsung Electronicsは4月10日、ミッドレンジの新スマートフォン「Galaxy A80」を発表しました。タイのバンコクで開催された発表イベントに参加したユーザーによると、欧州での販売価格は649ユーロ(約8万円)で、発売は5月29日。日本で発売するかどうかは不明です。アウトカメラがスライドして回転し、インカメラにもなるのが大きな特徴で、大画面化とノッチ(切り欠き)回避のためにカメラをスライド式にしたスマートフォンは既に幾つか発売されているのですが、回転してインカメラも兼ねるのはGalaxy A80が初めてでしょう。主な仕様は、ディスプレイは6.7型(1080×2400ピクセル)のSuper AMOLEDで、同社の「New Infinity Display」を採用。アウトカメラ兼インカメラは4800万画素のメインカメラ、800万画素の広角カメラ、3D深度カメラの3台で構成されています。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
25 5月

マルチタスク性能に優れる「AQUOS sense2」

“現代のスマートフォンであっても、AQUOS sense2のようなマルチタスク性能に優れるものが売れています。
マルチタスク性能とは、「web閲覧、メール、電話、SNS」など、複数のタスク(作業)を同時にこなせる、もしくは、サクサクとした動きを提供してくれるスペックなどを言います。そもそもAQUOS sense2はエントリーモデルに位置するスマートフォンなのです。
かつてのエントリーモデルというと、マルチタスク性能は期待されておらず、安定した動作を見せるようであれば優秀という位置づけでした。ですが今では、AQUOS sense2のスペックを見るとわかるのですが、SoCがSnapdragon 450、OSがAndroid 8.1(Oreo)、ストレージ(ROM)は32GB、メモリ(RAM)は3GBとなっておりますので、着実にミドルレンジモデルに近いものが目立つようになってきました。
カメラ機能についても、解像度ともに優れているのがAQUOS sense2の魅力です。”

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
19 5月

“OPPO、10倍ズームスマホ「Reno」を海外発表 “

OPPOは10日(現地時間)、新ブランド「Reno」の第1弾となるAndroidスマートフォン「Reno」を中国・上海で発表しました。標準モデルのほかに、10倍ズームカメラを搭載するモデルが用意されます。日本市場への投入予定は現時点では明らかにされていませんが、オッポジャパンは3月に「2019年に10倍ハイブリッドズームスマホを投入」「最新のRenoシリーズをリリース」といった計画を発表しています。10倍ズームモデルは、スペイン・バルセロナで開催された展示会「MWC19」などで既に披露されている「10倍ハイブリッドズーム」(ロスレス10倍ズーム)を採用する最初の製品となります。OPPOが提唱する10倍ハイブリッドズームとは、広角、標準、望遠の3つのカメラを組み合わせて画像処理を行うことで、画質を維持しながら10倍相当のズーム撮影を可能とするものです。価格は、6GB/128GB版が3999人民元(約6万6000円)、6GB/256GB版が4499人民元(約7万4000円)、8GB/256GB版が4799人民元(約8万円)です。詳しくはこちら

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
15 5月

スマホの1日の平均利用時間から見えてくる生活

人間の睡眠時間は7時間程度が望ましいため、多少前後はあるかもしれないが、みんなそれぐらいだろう。今日私が見た記事では、スマホをを1日に触る平均時間は3時間5分。合計すると10時間程になるのだが、1日は24時間なので約半分の時間を睡眠とスマホで潰れている。無駄にしているとは言わないが、ただ生活というのは食事や仕事なんかも含まれるため、きちんと皆さんはリアルを楽しんでいるだろうか。スマホを使うだけで誰かとつながることができるため、リアルの方での人間関係をお粗末にしている可能性はないだろうか。スマホの利用時間は年々増えていて、その分利用価値が増えている、つまりは機能が増えてより利用する意味が増えたことを表している。特にビデオや映画の類の利用時間が増えているため、あまり目にはよくない。私がこの結果を通して言いたいことは、スマホを利用するのも人によっては大切だと思うが、適度に休憩を入れないと将来スマホから離れられなくなるという事だ。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
11 5月

スマートフォンの「GRAND X LTE」

リアルアルミニウムを使用して高級感溢れる見た目と触り心地を実現させており、鮮明な高解像度ディスプレイや高性能カメラなどを搭載したスマートフォンが「GRAND X LTE」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはグレー、ブラック、ホワイト、ブルーの4色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約9.4ミリ、重さ約167gになっています。
CPUはMT6737クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで最大で32GBまで増設できます。
ディスプレイは約5インチHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはLEDフラッシュやオートフォーカスがついた約800万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンはデュアルSIMモデルですし、どの角度からでも見やすいタッチパネルが採用されています。詳しくはこちら

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
2 4月

スマートフォンの「DINGO G」

スマートフォンを初めて使う人でも簡単に使える機能が付いており、綺麗に撮れる高性能カメラや安心して使用できる耐衝撃性も兼ね備えているスマートフォンが「DINGO G」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約143ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約142gになっています。
CPUはMSM8917クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBです。
OSはアンドロイド7.1でバッテリーは2300mAh大容量バッテリーが搭載されており、ディスプレイは約5インチHD液晶ディスプレイです。
カメラは手ぶれ補正とオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンにはシンプルなホーム画面がついていますので分かりやすいですし、防水機能や防塵機能がついていますので安心です。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
27 3月

マシュをイメージしたコラボメガネ登場 盾とフォウくんをデザイン

スマートフォン用RPG「Fate/Grand Order」(FGO)に登場する人気キャラクターのマシュ・キリエライトをイメージしたメガネ「『Fate/Grand Order』マシュ・キリエライト イメージコラボ眼鏡」が、28日に発売されることが分かりました。価格は1万2000円(税抜き)です。メガネは、マシュが普段使用しているメガネをイメージしていて、左テンプルには武器の盾をデザインしています。ツルの先端にキャラクターのフォウくんが描かれている。折り畳み可能なオリジナルデザインの専用ケース、メガネ拭きが付属。初回生産分を購入すると、特典としてフォウくんがデザインされたメガネ拭きがさらに付きます。「アニメコラボ眼鏡専門店‐Animegane‐」(東京都千代田区)と「執事眼鏡eyemirror」(東京都豊島区)で店頭販売されるほか、執事眼鏡eyemirrorのサイトでも販売されます。「FGO」は、ゲームやアニメが人気の「Fate」シリーズのスマートフォン用ゲーム。未来が失われた世界を舞台に、プレーヤーがサーヴァントと呼ばれるキャラクターたちを従えて、過去にさかのぼる旅に出るのです。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
21 2月

お絵かき玩具「せんせい」とスマホアプリがセットになった新製品

「アプリでうごく! おえかきせんせい」は、これまでと同じく、 磁性粉を使って繰り返しお絵かきを楽しめるボードに加えて、専用アプリが用意された玩具です。ボードはマイクロカプセルシートが採用され、これまでより細い線を描けるようになり、塗りつぶしもきれいに仕上げられるようになりました。専用アプリでは、描いた絵をカメラで撮影し、絵を取り込んで楽しむことができます。13色のカラーパレットで塗れるほか、アプリ内で動かすこともできるのです。これまでも「せんせい」と組み合わせて楽しめるアプリは提供されてきたのですが、今回は動きに加えて塗り絵を新たに楽しめるようになったのです。取り込んだ絵は、あらかじめ用意されたスタンプとともに最大30個まで同時に動かせます。「すいそう(水槽)」や「はらっぱ」といったフィールドが用意されイラストとフィールドを組み合わせて楽しむことができます。最大100個まで動く絵を保存でき、スマートフォン本体にはJPG形式で変換して保存すればSNSなどへ投稿することもできるのです。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
16 2月