ソフトバンクでPepperだらけのお店が

最近では、ソフトバンクに行くとPepperを見かけるようになりました。
行く時によって、Pepperがいる時といない時があるのですが、子供に大人気となっているようです。
Pepperは、大人から見てもちょっと面白そうですよね。

そして、ソフトバンクでは、2016年3月28~4月3日の期間、東京の表参道でPepperのショップを出すそうです。
また、このPepperが接客をしてくれるのだと言うのです。
ヒアリング、商品説明、契約の業務をPepperが行ってくれるのです。

今では、Pepperは家庭でも利用をされています。
ソフトバンクでは、Pepperが発売されており、家庭でも活用されているのです。
Pepperは、話相手になってくるので、子供からお年寄りまで家庭で大人気になっています。
ロボットが家庭にいるなんてちょっとすごい未来のような話だったのですが、それが現実になってきているんだなと思いました。
家庭に1台ロボットなんて時代が本当にこれから来るかもしれませんね。
ソフトバンクでは、今まだ利用料金が高く、一般的に使用をする人も少ないかもしれないのですが、これからロボットもスマホのように安く利用ができる可能性もあるのかなと考えたりもしていますよ。

photogahag-002682_zpsxaeuqybx.jpg

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
23 2月

“au スマホ mineo “

auスマホでは現在、何が注目されているのでしょうか。「mineo」は、auだけと言うことでなく、 NTTドコモのネットワークにも対応するようになりました。

その時、docomoとauとどちらがいいのかやはりちょっと考えてしまうものではないでしょうか。これまでは、auから格安SIMに乗り換えるという時には、スマートフォンごとに買い換える必要がありました。しかし、mineoならスマートフォンはそのまま使用することが出来ます。

ここでは、月間データ容量が少なめの料金プラン、同居ユーザー間で繰り越したデータ容量をシェア可能なオプションなどが提供されていたりします。

いろいろ格安SIMと言うものは存在してますが、結構、mineoはその中でも個性豊かと評判です。

「マイネ王」は、ユーザー同士の交流の場として、多くの人たちに便利に活用されているということです。

更に新しい発展があり、今年2015年9月からはNTTdocomoのネットワークを利用するドコモプラン・Dプランの提供がスタートしました。

photoaumineo_zpszuywbfud.jpg
Galaxy Tab : au タブレット アンドロイド

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
19 2月

「ハローキティフォン」、通話に特化したSIMセットで4月登場

オーラは、サンリオのキャラクター「ハローキティ」型の携帯電話「Hello Kitty FIGURINE KT-01」(ハローキティフォン)を2016年4月に発売します。専用のSIMカードとセットで、価格は1万2000円(税別)となります。「ハローキティフォン」は折りたたみ型の3G携帯電話。通話とSMSに特化した独自OSを採用しています。ハローキティのフォルムを縦に開くと、1.54インチのディスプレイとテンキーが現れる。待受画面やメニューデザインもハローキティの世界観を取り入れたデザインとなっています。オーラが提供する専用のSIMカードを利用することで、IP電話での電話ができるほか、090番号などの音声通話も可能となっています。ただし、ブラウザなどのIP電話以外のデータ通信機能は持たない仕様となっているので注意が必要です。SIMカードはIP電話の利用に特化したデータプランと、090番号での音声通話にも対応するプランが用意されています。同社広報によると、データプランは月額1000円程度、音声プランは1500円~2000円程度を目安に検討しているということです。なお、端末自体はSIMロックフリー仕様となっており、音声通話対応SIMで利用できます。IP電話は専用SIM以外では利用できないのでここにも注意が必要です。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
15 2月

“ソフトバンク、「AQUOS CRYSTAL」をプリペイド端末として台数限定で販売 “

ソフトバンクは、プリペイドサービス「シンプルスタイル」の対応機種として、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS CRYSTAL」を台数限定で1月29日より販売しました。
AQUOS CRYSTALは、フレームレス構造で狭額縁を極限まで追求した端末として話題になったスマートフォンです。2014年に日本と米国で、さらに2015年にはインドネシアでも発売されました。まるで画面だけを持つ感覚「クリスタルディスプレイ」フレームレス構造が特徴です。
「新開発狭額縁液晶パネル」と「エッジカットを施した前面パネルによる光学レンズ効果」の2つの技術革新により、フレームを極限まで無くすことを追求しました。この構造を「フレームレス」と呼んでいるのです。シンプルスタイル向けとして提供されるのは、ボディカラーがブルーのモデルで、台数限定での販売となる。販売価格は1万800円(税込)で、通話やデータ通信に使用できる1万円分の無料チャージがバンドルされます。
一世代前の古い機種となりますが、プリペイドタイプのスマー戸フォンとしては性能面でも必要十分以上の機能を持っている機種といえます。主に訪日外国人向けですね。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
10 2月

『おそ松さん』のスマホアプリ&ブラウザゲーム登場

昔TVでやっていたアニメ『おそ松くん』はご存知でしょうか。6つ子の周りで巻き起こる日常を描いたギャグアニメでしたよね。そんなおそ松くんが大人になったアニメ『おそ松さん』が今ブームになっているんですよ!イヤミにハタ坊、チビ太、トト子ちゃん、デカパン、ダヨーン達も大人(オジサン)になって大活躍しています。私も見ていますが、毎回爆笑していますよ。そんな『おそ松さん』がスマートフォン向けゲームアプリになって登場するとのニュースが入ってきました。その名も『おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~』。すでに事前登録が始まっています!私もついつい登録してしまいましたよ…ゲーム内容は、アニメの登場人物達がへそくりを奪ったり守ったりするというタワーディフェンスゲーム。あのスーパーウルトラファンタスティック超激ミディアムレアも登場しますよ。楽しみですね!更に2月からブラウザゲーム『おそ松さんのブラック工場』『トト子に貢ぎ隊』『推し松クイズバトル』も続々と配信が決定しています。働きまくってノルマ達成を目指したり、トト子ちゃんが気に入るプレゼントを貢ぎまくったりするゲームらしい…ついついプレイしてみたくなりますよね。おそ松さんワールドにどっぷりハマれること間違いなしのゲームだと思います!http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/354/354793/

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
9 2月

KDDIとGunosy、新メディアサービスの提供へ向け業務提携

KDDIとGunosyは14日、スマートフォン向けのメディア事業における業務提携に合意したと発表しました。Gunosyは、スマートフォン向けのキュレーション型ニュースアプリ「グノシー」を提供する企業です。2014年にはKDDIが資本参加しています。今回の業務提携で両社は、Gunosyが持つ人工知能を活用した情報配信技術や広告配信技術と、KDDIの顧客接点やコンテンツサービスを活用して、スマートフォン向けの新たなメディアサービスを開発、運営していくとしています。新サービスは「国内最大の情報配信サービス」を目指して、2016年の夏に提供を開始する予定です。KDDIの広報担当者によると、新サービスは「日常的に利用できるような情報配信サービス」となる予定で、「具体的な内容については検討中」としています。Gunosyは「Syn.alliance」の参画も・・。また、Gunosyは同日、KDDI傘下のSupershipが提唱するプラットフォーム「Syn.alliance」に参画したことを発表しました。「Syn.alliance」は、さまざま企業が提供するサービスですが、共通のサイドメニューを通じて相互に連携を深めていくというコンセプトのプラットフォームです。Android版アプリ「グノシー」では14日から「Syn.」のサイドメニューの提供を開始しています。

Poster: admin. Category: 未分類.
Read More
5 2月