サムスンの起死回生スマホ「Galaxy S8」の秘密 画面はなぜ「独自比率」なのか?

サムスン電子が起死回生をかけて投入する新たなフラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」「Galaxy S8+」です。一般的な機種よりも縦長比率の画面でベゼル(額縁)の部分を極限まで減らし、本体サイズを抑えつつ一層の大画面を実現した「インフィニティディスプレー」が特徴です。しかし、なぜサムスンはGalaxy S8/S8+で独自比率の縦長ディスプレーを新機軸として打ち出すにいたったのでしょうか。日本でも好評を博した「Galaxy S7 edge」の後継機としてサムスン電子が新たに発表したのが、フラッグシップモデル「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」です。最大の特徴は、一般的な16:9比率よりも縦長の18.5:9比率のディスプレーを採用し、さらにベゼル部分を極限まで狭くすることによって、とても持ちやすいサイズ感ながら、Galaxy S8は5.8型、Galaxy S8+は6.2型もの大画面を実現したことです。グローバル商品企画グループのチェ・スンミン氏によると、前機種となるGalaxy S7 edgeが、その前機種となる「Galaxy S6/S6 edge」で不足していた要素を加えつつ、トータルの完成度を高めるというコンセプトで開発がなされたとのことです。そして、Galaxy S8/S8+ではキープコンセプトではなく、新たなチャレンジをするというコンセプトで企画が進められたのだそうです。
Galaxyスマートフォン製品一覧

Poster: admin. Category: 未分類.
22 7月

Leave a Reply