マルチタスク性能に優れる「AQUOS sense2」

“現代のスマートフォンであっても、AQUOS sense2のようなマルチタスク性能に優れるものが売れています。
マルチタスク性能とは、「web閲覧、メール、電話、SNS」など、複数のタスク(作業)を同時にこなせる、もしくは、サクサクとした動きを提供してくれるスペックなどを言います。そもそもAQUOS sense2はエントリーモデルに位置するスマートフォンなのです。
かつてのエントリーモデルというと、マルチタスク性能は期待されておらず、安定した動作を見せるようであれば優秀という位置づけでした。ですが今では、AQUOS sense2のスペックを見るとわかるのですが、SoCがSnapdragon 450、OSがAndroid 8.1(Oreo)、ストレージ(ROM)は32GB、メモリ(RAM)は3GBとなっておりますので、着実にミドルレンジモデルに近いものが目立つようになってきました。
カメラ機能についても、解像度ともに優れているのがAQUOS sense2の魅力です。”

Poster: admin. Category: 未分類.
19 5月

Leave a Reply